エコウィル 無償修理 ガスケット交換
| EDIT |
たくや邸の暖房設備 エコウィルに不具合が見つかり先日無償修理が行われました。

不具合の発生箇所は野外に設置された 外部ガスエンジン発電ユニット内にあるガスケット。ガスケットの耐久不足により稀に配管を通じて微量の燃焼ガスが室内に流れ込む恐れがあるとの理由。

今回の修理は北ガスではなく、本田技研の技術者が直接行いました。

ホンダのレンタカーで2名が訪問。恐らく本州から来道した技術者さんでしょう。


外部発電ユニットの内部。
オイルエレメントに点火プラグ・・まさに車のエンジンですなぁ。
改めて関心しました


丸い筒状の上にあるパーツが交換したガスケットです。


ガスケットの他、シリンダーヘッドや関連パーツも新品交換。酷使されるパーツが交換され 次の車検まで安心して乗れる。ってホント車の修理みたいやねぇ

作業は内部の給湯ユニットも点検して2時間位で無事完了。

さぁ、今冬もバンバン 発電&融雪してもらいましょうかね
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
キッチン 笠木変更+α
| EDIT |
階段笠木に続いてキッチンカウンターの笠木も交換となりました。キッチンカウンターには耐熱ガラスが固定されており 取外すのに苦労していました。
 


キッチンカウンターも苦労ながら取外され正規のカウンターに交換されました。ここである提案をお願いしました。

写真はカウンター変更直前の状態 


青丸部分の段差は豊栄建設仕様で段差になります。接地し合う笠木同士が干渉して不具合を起こすというクレームが多発して このような仕様になってます。

しかし、今回は青丸部分の間違った笠木はそのまま残して、正規の笠木を重ねて施工しました。 そーすると、、



写真が暗くて見づらいですが正面のカウンターとピッタリ高さもあってフラットなL字になりました。

たくや邸はフラットをテーマのひとつに掲げていたので、あらたな平らな場所ができ満足満足♪

さて、キッチン笠木の交換に伴い キッチンカウンターのみクロスも張り替えてもらうことにしました。ただ同じクロスに戻してもらうのは面白みがないので、、、、続く


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
笠木交換
| EDIT |
笠木交換

笠木とは写真の青丸部分の木材のことをいうのですが、実は着工後もここのオプション部分の意味を取り違えていたのでした、、


それはというとですねぇ、階段と階段の間にある壁(写真参照)をひな壇のようにすることが たくやはオプション施工だと思っていたのですが正解は笠木木材の材質&色変更だったのです。。

通常標準だと、木調のメラミン化粧板が貼られてる笠木がつくのですが、たくや邸は松下電工製の木材塗装ものです。メラニン張りのツルツルしたものに比べて 木の質感があります・・当たり前だよね、、 

回りくどく「素人うんちく」モードなってきたので確信に触れます。

笠木自体は松下製でOKなんですが 写真の青丸、青線部分の笠木の色が違うもの(標準色のオークレッド)がついていたのです!
ほとんど同系色で別に交換してもらわなくても良かったのですがキッチンも標準色だったので 交換しますっということにあいなりました
で、その作業模様、、
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る