マイホームデザイナー緊急発動!!
| EDIT |
本日、外壁の貼り分について緊急相談を受けましたので 暖房についての記事は明日以降に延期しまつ。メール頂いた方ゴメンナサイ。。。お返事明日します






このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
暖房機器選定 ランニングコストとイニシャルコスト ? 
| EDIT |
ここ1、2年での原油高の影響も手伝ってオール電化の勢いにturboがかかってきてますね…。この加速はまだまだ変わらない傾向でしょうね。
たくや邸も初期のラフプランでは 電気ボイラータイプのオール電化を予定してプランを立ててもらいました。

しかし上がってきた見積もり費用をみて一瞬固まりました。今一度電化の考えを一新させることにしました。電化の構想を転換させた大きな理由はイニシャルコスト(初期投資)の高さ。電気ボイラータイプの電化ではイニシャルコストに見合ったランニングコスト(月にかかる光熱費用)に大きく疑問をいだいたのです。

当時の灯油ボイラーとの格差は約70万。この70万の



イニシャルコストを光熱費で


回収するには


何年かかるのだろうと思ったのです。


当時(←っても去年ですよ)は まだ灯油が大勢を占めていて 電化のランニングコストが定かではなかったのですが 一つの電化システムのランニングコストは把握してました。

それが蓄熱の暖房機器でした。蓄熱暖房機とはお得な深夜割引の時間帯に耐熱レンガに熱を蓄え放熱する暖房機器です。昔の暖炉の発想から生まれた機器です。あるハウスメーカーで年間の統計データを拝見した際はランニングコストの安さに目を疑いました。

早速、3回目の打ち合わせ時に 蓄熱暖房設置の件をぶつけました。
最終的な設置の結論はNOでした。その答えを聞いてたくやも あっさり引き下がりました。
なぜ、簡単にあきらめたかというと 蓄熱暖房にはたくや達にとって最大なデメリットが数点あったのです。

まず、暖房機器本体が大きく重く(耐熱のレンガが入ってますので)移動ができないことでした。その周りに棚等も作れず何らかの制約がでます。更に温水器も「なっなんですかぁぁ」と思うほど巨大です!

次にデザインのあまりの無骨な所でした。あのドガーンとした物が日々目に入るのは 少々たまらないものがあります。(最近は薄型になってきて まぁまぁマシになってきました)階段下等目立たないところに配置してるケースもみましたが。。でも×

蓄熱とパネルを組み合わせた南郷モデル。デザインはだいぶよくなってきたが まだまだカッコワルイ




細かい所では、蓄熱と放熱の調整方法が難しい。暑くても放熱を止めることができなく冬場は窓をあけて対応しかないそうで(なんて不経済な!)

もちろん ランニングコスト以外にもメリットはあり、例えば単純な作りなんで20年位はもつだろうし仮にこわれても費用は安いでしょう。(制御する基盤や送風ファンだけでないか?)放熱では空気は汚れないだろうし結露もおきないでしょう。逆に乾燥しそうだな。。

灯油はとにかく視野にいれてはいなかったので さてどーするか。。ランニングコストでイニシャルコストを回収できる電化機器は当時は蓄熱の他皆無。(蓄熱の特性をうまく利用した他メーカーさんのはありましたが 豊栄では施工不可)悩んでる所に奴の話が 赤い彗星の如く飛び込んできたのでした
途中までおおざっぱにいきさつを紹介しましたが 続きは また明日

久々の長文記事でした  おやすみzzz 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
豊栄建設 2007 新カタログ テクニカルガイド編
| EDIT |
豊栄建設のカタログ テクニカルガイド編

まささん協力のでpdfファイルにして頂きました。

早速ここで公開。(ちょっと重いです。。現物のカタログは豊栄建設フェアプレイス又は南郷21丁目モデルハウス押入れにあります^^)

額縁の大きさ、奥行きでお願いした たくや邸ニッチ。しかし完成したのは普通のニッチ。。プギャーー


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る