5年前と今
| EDIT |
今春の屯田のモデルハウスを見てパッとみて ある部分の変更がすぐに目に着きました。

それは、赤線部分の破風(はふ)という金属部材です。

ここは5年経ってから2度目の変更かな

たくや邸新築から数年間はこのタイプ

個人的にはこちらのダブルタイプが豊栄住宅の識別がつきやすくて好みでしたねぇ。ちなみに当時は ここの部分は白、黒、ベージュだったかな?の3色の色選択ができ たくや邸は 標準トタン屋根からガルバ屋根へオプション変更しセットでシャインゴールド色に。(ガルバ屋根への変更は数万円のOP料だったかな)



そして、モデルチェンジから今冬までが このシングルタイプ。


シングルタイプは試験的に南29条のモデルハウスで採用され 石山2条のモデルあたりから さりげなくこのタイプに変更されました。シングル化に伴い この頃から屋根材がトタンからガルバニウム合金へと標準変更されました。


で、今年度からこの シングルラインをさらに1/3程に細くなった部材に


積水ハウス、高気密のRC住宅など このような破風の収めです。気密の関係かな?どうだろスッキリしてお洒落だけど特徴なくなったかなぁ。

あまり、大きな声じゃいえないけど 希望すれば従来タイプの破風も施工可能かも!?  
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
5年前と今
| EDIT |
先日 公開された2棟のコンセプトモデルハウス そのうち1棟 屯田のモデルを見学してきました。

こちらのモデルハウス スキップフロアではないのですが、中2階部分に隠し部屋のようなスペースがあります。 豊栄歴7年、このような形態スペースのモデルは初めてで いやはや面白い♪面白い♪

さてさて、このままでは 春モデルの紹介になってしましそうですが、前回記事の続きにもどりましょか。

今回のモデルしかり、スキップフロアや高い吹き抜けのある住宅は施工に手間がかかり オプションの諸費用が別に発生するのです。

これは、豊栄に限らず 他のハウスメーカも同様です。詳しくは記載しませんが 現在プラン中の方や建築済みの方はよく ご存じでしょう。

別途諸費用とは設備や大工や施工業者さんの手間費です。吹き抜けの天井部分の施工は室内に足場を組んだり 脚立を利用したりします。




何度か石工ボードを運ぶ手伝いをしたことがありますが、ボードって想像以上に重く汗だくになります。 それを押さえ支えて天井に張り付ける作業は まぁまぁ見てて過酷そうでした。ちなみに、ボードを2階にあがる作業を体験手伝いをしてみましたが30分で根ををあげました。 




大工以外にも、車庫組み込みでは基礎屋さん、クロス屋さん、電気屋さん、 スキップの現場があたると大変そうです。思うに作業に見あった手当をもらってないような雰囲気が伝わりますデスww

なかなか大変な現場を直接見学してるので チャレンジ1177の設定は仕方ないでしょうねぇ。

その他、スキップフロア住宅の減少は 昨今の不安定な日本の経済状況を見通し 機能重視が選ばれてるのでは?と 根拠のないことを言いつつ締めます

スキップフロア・・いいとおもうけどなぁ 段差あるけどさぁ

段差・・・今回発表の屯田モデルの階段・いや段差 あれは凄いとうか凄いっ^^



興味ある方は直接 見学してきてください♪ 今季の初公開のモデルとあって
営業さん多めで 入りずらいかもだけど皆さん、そんなしつこくないので 是非是非 お気軽に♪♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
豊栄j建設モデルハウス
| EDIT |
土曜日夕方、うみんちゅと2人で屯田のモデルハウスに見学にいってきました。

とりえあえず、ご報告まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る